八王子の隠れ家エステサロンで本格派アーユルヴェーダ体験

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは、古代インドを発祥の地とする4千年以上に渡って受け継がれてきた療法です。

サンスクリット語のアーユス(生命・寿命)とヴェーダ(科学・知識)の2つの単語からなり、「生命科学」という意味が あります。

スリランカのアーユルヴェーダもこの療法で、インドと共に「トリ・ドーシャ理論」という考えによって治療が行われます。 トリ・ドーシャ理論の「トリ」は、”3”の意味、「ドーシャ」は生命のエネルギーを意味し、ヴァータ(Vata)、ピッタ (Pitta)、カパ(Kapha)と呼ばれる3つの生命エネルギーを指します。

この3つのエネルギーから、一人ひとりの体のバランスや心の乱れなどを読み取っていきます。

アーユルヴェーダは、心と身体を一面的に捕え、心身のバランス(調和)をはかることにおもきをおき治療を行います。

アーユルヴェーダ哲学において「健康な状態」とは、心と体のバランスがきちんと整っていることで、心身を健康な状態に戻 すためにさまざまな治療を施していきます。

アーユルヴェーダはWHO(世界保健機関)に承認されたれっきとした医術です。

スリランカのアーユルヴェーダ専門院では、資格を持った医師が必ずおり、患者さん一人一人に適応した治療を行っています。

アーユルヴェーダでは、体が疲れている、体質改善を行いたい、自分の体質を知りたいなど、さまざまな問題に答えることができます。

 

アーユルヴェーダの治療法

例えば、西洋医学では喉の痛みや頭痛がある時、科学的に診断し医薬を使いますが、アーユルヴェーダ医学では、バランスが乱れているその人の環境や状況、過去の状態なども考慮して診断し、薬草やオイルなどを使って治療を進めます。

一人一人に最適な方法で自分自身の現在の状況や今までにかかった病気、毎日の生活の流れ、食事の嗜好なども重要な情報です。

アーユルヴェーダでは、患者一人一人のもつ体の健康と心の状態を診ることで、西洋医学よりも自然で優しい治療を受けること ができます。

そのために患者一人一人の体質をしっかりと知るための問診が重視され、施術の最初には必ず専門ドクターとの問診が行われます。